創作サイトをSIRIUS2からWordPressへ作成し直しました

創作サイトをSIRIUS2からWordPressへ作成し直しました

 こんにちは、です。SIRIUS2で作成した創作サイトをWordPressで別途立ち上げ直しました、ご報告を兼ねた備忘録になります。
 ついでに、紫水晶では作品のタイトルごとの年齢認証はやめて、イラストやメディア毎にゾーニングを分岐させるようにいたしました。紫水晶の免責事項や利用規約も一新し、流し見しながらでも、頭が痛くなりにくい文章に近づいたかもしれません。

 この記事は、SIRIUS2→WordPressへ移行した際のその時の備忘録になります。
※見出し読みしてもいいのですが、きちんと全文読んでくださいまし。

この記事を書いた人
龍龍(ろんろん)
Twitter
龍龍ろんろん

趣味でゲーム作ったり、小説書いたりしています。特色のない猫様の下僕です。
創作活動をしてみたい、もしくはしている方が楽しい気持ちになれるように執筆していきます。よろしくお願いします。

プロフ

目次

理由その1、タブレットやスマホで更新したくなったから

 私……龍龍の下僕事ではございますが、愛猫の具合が2022年の半ばから悪く…。家のことと合わせて制作をするとなると、まとまった時間を取るのが難しく……。合間にちょこちょことスマホで文章を打つことで精一杯の時が多いのですね。

 昨今のスマホ、たいへん便利すぎる。

 無駄なアプリを開かずに1対1で集中して執筆できるのもあって、スマホでリライトしたりそもそもプロットや簡単な骨組みなんかも全部行っています。

 私は未だにブラインドタッチができないくらいキーボードも打つの遅いので、文章もあまりうまく早く書けず、スマホからGoogleドキュメントで打ってからPCで装飾などを施し、WordPressを最終更新を行う…と言った流れです。

グーグルドキュメントで書いている小説
グーグルドキュメントで書いている小説

 SIRIUS2だとWindowsのPCすら立ち上げられない日ができたときに、「すぐに更新できない」といったストレスから開放されたいという形でもありました。

誤解がないように書きますが、私自身SIRIUSシリーズは大好きですし、後継であるSIRIUS2も触り心地が良いので、攻略サイトや企画のサブサイトをSIRIUSで作るといったことに活用させて頂きます。

 あとは気をつけているものの「うわっ、ここ、誤字っている」ということがよくあります。気づいてしまったら修正したくなる性分なので、寝る前にPCを付けて修正する…と言ったことがちょっと、めんどうなんですね。修正はスマホでもできそうならば、スマホでやりたいです。

 今もこの文章をスマホで書いているのですけど、Googleドキュメントに助けられています。…即時同期されるクラウドはありがたいッ!

 Mac、Windows、Android、iPhone問わず創りたいときに、手元に届く端末で作業したいときには重宝します。

理由その2、SANGOが可愛いからSANGOを使いたくなった

紫水晶トップページ

 可愛いは正義という言葉が生まれたのはリアルでもそうだからだと思います。

 SANGOは特に難しいカスタマイズをしなくとも、勝手に可愛いサイトを作れちゃうのを、かつて美容系サイトを運営していたときに使わせて頂いてたのもあって十分すぎるほど理解していました。

 テーマがリリースされた直後、零細会社に勤めつつ、しこたまお世話になったサルワカ様のデザインが使えるのは震えました。

  • リニューアルするなら、柔らかく可愛いデザインに変えたくなった
  • そして可愛いデザインでスマホから更新したい

 そんなこんな、このふたつの条件で使わない手はないと思い、気分屋の私はSIRIUS2からWordPressへ移行を開始しました。

余談:創作サイトの作成の経緯について

 長いので読み飛ばしてしまってもOKです。ご興味がありましたら、最後までお付き合いくださると嬉しいです。

 2022年年末に小説用にWordPressでサイトを作っていたのですが、結局創作サイトを全部WordPressにすることにいたしました。2022年8月にSIRIUS2で新規サイトを作成していたのですが、それらも全てWordPressへ統合させ、リニューアルいたしました。

 ちょこちょこWordPressの基本的な操作は難なくできるものの、新しくサイトを設計するのには時間がかかってしまい…。結果的に、Webサイトを統合すると言った形にしたく、ブログ(龍龍道)と紫水晶で分けることに。

 2023年の年明けに全年齢向けのサイトとコンテンツを合併させたいな、と思い立ちました。

 正直、全年齢と年齢制限が掛かるコンテンツは相性を考えると微妙なのと、昨今の情勢を考えると作家名は分けた方がいいという意見も踏まえて、ふたつ名前を分けて黙ってやっていくつもりだったのです。

 でも一個のことしか基本的に集中できない私には、片方の方を全く更新出来ず仕舞いに。それはだめだし、困っちゃったなと。

ろんろん

どっちもやれるひとは本当にすごいです! 龍龍は無理。

 そして、男女R18イラスト作品である、ハッピーハロウィーン2022イラストを描いたときに、なんとなく書き進めていた短編が結局、短編で作ることができそうになく、連載型と言った形にしたのがきっかけです。

↑官能小説書き終わる詐欺しているまとめが見れるのはこちら

ろんろん

龍龍は大うそつきです

 本題の経緯について。

 小説サイト作ろ!

 やっぱバラバラで更新するのメンドクセ。
WordPressにしよっ

サイト全部コンテンツ整理しよっ

なう。

 端的な判断ですね。

 少しでも楽したいのでスマートフォンから更新できるようにしたく、WordPressでサイトを構築し直した、といった具合ですね。前と比べると、凄く見やすくなったのではないのかなぁと思います。もっと見やすく改造していきたいです。

 ではでは、経緯の詳細をお話してまいります。

オリジナルキャラクターのお話を終らせたい

 龍龍の頭の中にいる仮想の人物の物語を終らせたいですね。リシュフェンとユキだと、このサイトにもたくさん絵があったり、文章に出てきます。主役ではない作品だと、ちょくちょく漫画に出していたりしています。

 小説では中学生の時くらいから描きたかったリシュフェンとユキの話を綴っておりますが、なんとか形にして終らせてあげたいと思います。終らなかったら終らなかったで。綴った分だけ残るのでそれで良いかなと思います。

 東京へ上京したあと最初はリシュフェンとユキの話を漫画にしようと思って、こっそり描いていました。でも、漫画で描いてやってると自分の表現力のなささに辟易してしまう点と、飽きが生じて途中で描くのが辛くなってしまうので、たまに番外編などを漫画を描くくらいに留めようと思いました。

2015年後期|今とだいぶ設定が違うリシュユキ

 他所様はともかく、自分の固定CP男女の馴れ初め話なんて、自分の心の中に留めておくのが聡明だと思っていたんですけどね。

脳内会議
2016年の脳内会議(と言うか一方的に中の人が怒られている)

 脳内会議みたいなので度々叱られるので。設定はその都度変えて、形にならないプロットとシナリオだけ作ってローカルでみて満足する。みたいなのに飽きてきたのです。昨年にリリースしたゲームも彼らの話を極短編化させたものだったり。反響が思っていたよりも良好なので、龍龍・ザ・ベストを作ったぜ!感あります。総合芸術であるずっと憧れだったゲームを作れて、創作の集大成としても結構満足していたりもします。いろんな方に助けられました。感謝しきれないほどに。

 ……作るだけでなく取り掛かりも非常に遅いので、まったり気の赴くままに作ります。

新・創作サイトのWordPressのテーマはSANGOを使用

 理由を述べた通り、SANGOを使わせていただくことにいたしました。

 WordPressテーマで5年以上バージョンアップを重ねているSANGOを使用させていただいております。
 紫水晶のように創作活動の中でもアダルトコンテンツを取り扱うサイトでの使用に問題ないだけではなく、デザインセンスが皆無な龍龍でも可愛いサイトを簡単に作れるのでありがたい限りです。

 ちょうど可愛いサイトにしようと思っていたので、就業中に買っておいて良かったです。昔の私、ナイスすぎる。

 SANGOを使用するにあたってや、WordPressでの操作も含め、サイト内コンテンツを掲載する上で参考、勉強させていただいた記事一覧になります。備忘録として載せていきます。

コピペでかんたん!SANGO Landはめっちゃ便利

ろんろん

なんと、デザインがわからなくても、コピペし放題!

 公式提供のコミュニティ+ブロックを投稿したりブロックをコピペできたりできてしまうサイトです。これは……デザインなんにも思い浮かばない龍龍にとって、使わない手はないでしょ?ってなくらい、使わせていただいております。

子テーマを使ったカスタマイズ

 WordPressで、SANGOの子テーマからcssやphpを編集する際に参考にさせていただいたページ一覧です。感謝!

CSSブラウザセレクタについて

 OSによってフォントファミリーを拘りたいなぁとずっと空想していたので、ありがたかったです。

/* Windows */
.win body{ font-family:"Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Sans","Yu Gothic Medium", "Yu Gothic", "メイリオ", Meiryo, sans-serif;
}
/* Mac OS */
.mac body{ font-family:"Hiragino Kaku Gothic ProN","ヒラギノ角ゴ Pro","Hiragino Kaku Gothic Pro", "Hiragino Sans","Yu Gothic Medium", "Yu Gothic", "メイリオ", Meiryo, sans-serif;
}
/* iPhone*/
.iphone body{ font-family:system-ui,-apple-system,BlinkMacSystemFont,"Hiragino Kaku Gothic ProN", "Hiragino Sans", sans-serif;
}

 ざっと、こんな感じで分けています。AndroidはSANGOのデフォルトそのまんまのほうが良いかなと。WindowsとiOSは、龍龍の老眼の都合上、分けたかったので分けました。

※長いので畳みます。

iPhoneとかiPadって、本体の設定でフォントを太くする設定があるんですね。それらを効かせるフォントファミリーを冒頭に指定してくれていると、きちんと本体の設定に合わせて太くしてくれます。

system-uiだけだと効く端末と、そうじゃない端末があって、先頭に-apple-systemを入れています。(おまかんだけかも)厳密に言うと、apple-systemは、フォントサイズが少し小さくなった?感があるんですけど。効くんだったら、こっちで良いや。と思ってそのままにしています。現段階でも、色々試してみています。

 Windowsはヒラギノ角ゴ Proよりも、Hiragino Kaku Gothic ProNの方がウェイトが太めに出てくれるので入れています。ヒラギノ角ゴシックが一番見慣れていて見やすいですね。

 ヒラギノないよーって方の場合は、Yu Gothic Mediumで表示されます。Windowsで游ゴシック体はMediumで指定しないとかすれて見え辛くなる魔法に掛かる。Macはそんなデバフはかからない。調べてもよくわからなかったです。

 動作確認:iPhone 12PRO MAX,iPhone SE2

条件分岐について

 トップページやカテゴリーページの表示を変えたりしたかったので、ああ、ゲーム作ったことがWordPressでも役に立ってるやんと思い、ほぼコピペで実装させていただいております。

 SANGOの条件ブロックも大活用させていただいておりますぞ~!

ちょっとしたこだわり・その1

 小説カテゴリー全て、書体を変えています。長文は明朝体で読みたいと思っているタイプなので、Googleフォントを使っています。

 header.phpで条件分岐してしまえば、特定のページだけ、特定のカテゴリーもしくは、その子カテゴリーで表示させる。と言ったことが可能です。龍龍はあんまり難しいことは出来ないですが、もっと発想力が豊かになれたら、あれこれやり始めちゃうかもです。

※カスタマイズは自己責任です。

 function.phpを直接いじるよりも、プラグインでスニペット化させた状態で導入するほうが事故が少ないと思います。龍龍は良く事故って真っ白にさせています。すみません。。。

.entry-content {
    font-family: 'Merriweather','BIZ UDMincho', serif;
}
乱視とか目の疲れについて。

 個人的な感想ですぞ。
 乱視矯正+遠近両用メガネを使ってモニターを見ていると、2K画質+Windows10で見る明朝体はBIZ UDMincho以外、どれも見辛い。実は小説用の書体を選ぶのに1週間以上掛かりました。Android、iPhone、Macで見る分には、何の書体でも全く目が疲れないのですよ。WHY? Windowsは文字を表示させることに対して本当に苦労します。(Meryのようにアプリケーション側で、フォントのガンマ値を変えられるなら問わない)でも、連続した長文を読むときは明朝体で読みたいなぁと思うタイプなので、暫定としてこのセットに致しました。

ClearTypeテキストチューナーの設定

 ClearTypeテキストチューナーを使用していますが、この設定をしても、時間が経ってくると目が疲れてきてしまって、シパシパしてくるんですよね。まるで良いグラボ積んで、良い4Kモニターで作業しろ^^と言われているかのような気分になってきます。Windows使いやすくて使っているので、フォント周りだけしか文句がないです。

英語フォントMerriweather
日本語フォントBIZ UDMincho

 龍龍と同じセットで使いたいよ、という方はこちらのリンクからセットして導入してくださいね。

ちょっとしたこだわり・その2

partsentry-footer.php

partsprev-next-entry.php

 こちらを編集し、

  • カテゴリーページへの誘導文
  • 次の記事、前の記事の文言

 このふたつの文言を変えました。

 混合型のサイトなので、ちょっとした文言で飾り付けできたら良いなぁという、わがままです。

こちら画像は以前ブログとセットのときのもののため、一部現在とは違う形になっております。

 重複するのでコードは書きません。上記のリンクページからどうぞ!

廃止したお気に入り機能

JavaScriptだけでお気に入り機能とお気に入り解除機能を実装する記事を購入しました🙏
https://dubdesign.net/web/wordpress/noplugin-favoritepage-plus/#i-2?codoc_conversion=entry

 高速化の犠牲になりました。実装当時はすごく良い、しおり代わりになっていました。
 龍龍がWordPressがわかる人だったら、おそらく解決できたのであろう…。10年経ってもよくわからんまま触ってるのです。

 LiteSpeedCacheの除外設定を上手くやれればお気に入り機能を復活させられると思います。

まとめ

 文章諸共拙い部分もありますが、楽しんでもらえるよう切磋琢磨していきます。

 龍龍の作る創作物を少しでもお楽しみいただけたら幸いでございます。

 これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

創作サイトをSIRIUS2からWordPressへ作成し直しました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お役に立ちましたら是非、お友達に教えてくださいね!
目次